01うるしうるわしproject

うるわしき漆 1

わたしが漆と出会った(記憶がある)のは物心ついた頃。
3歳か4歳くらいだと思います。
毎日いただく、お味噌汁のお椀。
それから、年に1度のお正月。
母の手作りのおせち料理は毎年、
綺麗な塗りのお重に盛りつけてありました。
来客が多かった我が家は、お客様にお出しするお料理も
塗りのお敷き(お盆にもなる器です)に盛りつけて。
普段のおかずのはずなのに、何故か特別感があり、
美しく、凛としたお料理にうっとりしたものです。