today's dish lab

近況!その2

花のお仕事をしました。

 撮影のコーディネートの一環として 花を使うのはしばしば。
バイト歴は「お花屋さん」が6年、と1番長い。

 だけど、料理業界で12年目。
花の雑誌の仕事は初めて!

12月に出版させていただいた 「スイーツ&フードラッピング」の
誠文堂新公社さんつながりで
「フローリスト」という お花屋さんが読む月刊誌から
依頼をいただきました。

お題は「花のラッピング」。

 私のポリシーとして
「できない」は基本、言わないことにしましょうよね。
 というのがあります。
 可能性を自ら摘んでしまうのはイヤだし、
常に挑戦者でいたいから。笑
経験したことは、必ず血となり肉となるのです。
 そう信じています。

だから、お受けしました。
 料理じゃないけど。
花のプロでもないけれど。

内容は、お花屋さんのラッピングの悩みを
新しい視点で提案させていただく、というもの。

 はっきりいって、ハードル高!
だって、そのままで十分かわいい作品もあるんだもの。
しかも、撮影前日に花12点が届くのだけれど、
なんとなくのイメージしかわからない。
花は、仕入れする当日にならないとわからない!
出たとこ一本勝負!
うっそーーーーーーーー!

前日に花に囲まれて素敵なイメージですが、
 お花だけに暖房厳禁!
めちゃ寒〜〜〜〜〜!

でもね、やりました、やりましたよ☆
誠心誠意こめて、精一杯☆
かわいくできたと思います。

 「お花屋さんのお役に立てますように。」
 ただただ、そう願います。

フローリスト5月号をお楽しみに〜〜〜。